保育士さんの数だけHAPPYが生まれる。

私たちが追求したいことは、かかわる人すべてのハッピーを追及することと「心の温かさ」「元気」「感動」を与え続けられる施設(空間)づくりです。

私たちが大切にしたいこと
子ども達をいきいきと健康に育てたい、子どもを産んでも働き続けたいと願う親と、そんな親の思いを理解し、互いに知恵と力を出し合って共に子どもを育てていける保育を目指したいとの願いを込めて社会福祉法人済聖会を設立いたしました。 子育ての負担が特に母親に集中する傾向にあり、親のストレスや孤立感、悩みの原因になるばかりか、そのことが子どもの健全な成長に好ましくない影響を与える結果となっています。 保育サービスの提供だけでなく保護者の方への精神的支援は急務であると考えます。常に保育の質の向上を目指し、子ども達にとって豊かな生活を提供できる場であり、保護者の方も含めて皆で成長できる保育所を目指します。
かかわる人すべてのHAPPYを追求
「心の温かさ」「元気」「感動」を与え続けられる施設(空間)づくり
保護者
・安心してあずけることができる(安心して仕事ができる)
・お子様の笑顔、元気、成長ぶりからいっぱい「刺激」がもらえる
・お子様の持っている無限の可能性を発見し引き伸ばす喜び
・子育ての悩みを共有し、解決できる
園児
・よく遊び、よく学び、よく眠る
・毎日保育園に行くのが楽しくてしかたない
・今までできなかったことができる喜び
・好きで、得意なことを発見できたよ!
地域
・この園(児)のおかげで何か元気がもらえる
・貢献できるよろこびを感じられる
保育園スタッフ
・子どもたちから多くのことを学ばせてもらえる。
 子どもたちとともに成長できる
・明るく、元気に、イキイキと働ける、働きたくなる職場
・自分の「思い」や「知恵、創造性」が「かたち」にできる
・自分が役に立っているという実感がもてる
保育理念・方針・モットー
保育理念
子どもたちの「生きる力」(独り立ちし社会の中で生きていく力)の基盤づくりを支援する

保育方針
アタマ・ココロ・カラダを育む

1.子どもたちの興味を引き出すより多くの機会を提供する
2.子どもの思いを受け止める
3.子どもが自分で経験することを大切にする
4.子どもが自分で考え工夫することを大切にする
保育モットー

つよく・ゆたかに・キラキラと

つよく
■ココロのつよさ<我慢強さ、打たれ強さ、あきらめない気持ち、負けない強さ(健全なる競争心)>
■カラダのつよさ<健康増進、健康な体づくり>
■アマタのつよさ<自分で考え、自分で行動する、常にプラス思考>

ゆたかに
心の豊かさ、豊かなコミュニケーション、創造性の豊かさ、豊かな感性

キラキラと
ココロの輝き
何か一つでも好きで夢中になれるものを見いだし、探究心・持続力・集中力を養い、自分に対して自信を持って輝いている

給食理念「人」を「良」くする。それが「食」。
「人」を「良」くする。それが「食」。

子どもの成長に欠かせない五感(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)を同時に育むことができる唯一の行為です。「食」が好きになり「生きる力」までもが育つ。と考えています。

完全給食で、午後のおやつは手作りのものをお出ししています。
管理栄養士(または栄養士)が常駐しており、バランスの良い献立作成を行っております。 基本的に和食中心のメニューを取り入れておりますが、洋食・中華などバラエティに富んだメニューも取り入れております。 お誕生日会や季節のメニューなど、行事食を積極的に取り入れており、四季と文化を五感で感じていただけます。 栄養士や調理員も、子どもたちへの食育活動など、調理室を飛び越えての活動も積極的に行っております。

食物アレルギーへの対応について…
代替食(一部除去食)での対応を行っております。お子さまの状況を、保護者・保育士・栄養士の3者で連携をとり、徹底した管理を行っております。
求める人物像

1)私たちの理念、思い、運営指針(『Our Credo』『仕事の流儀&仲間の掟』)に共感し、仲間とともにその実現に向け楽しみながら継続的努力ができる人
2)チームワークを大事にし、チームの仲間と仕事をすることに誇りと喜びを感じる人
3)自分の人生(生きざま)に前向きな人

 済聖会グループ保育園「Our Credo」
 済聖会グループ保育園「仕事の流儀&仲間の掟」
ページトップへ